さいたま市大宮区 北田鍼灸院における坐骨神経痛(足の広い範囲の痛み、シビレ)の針灸治療の解説です

北田鍼灸院へようこそ!!

坐骨神経痛ってどんな症状?

坐骨神経痛

お尻、太ももの後ろ、膝から下(ふくらはぎ、スネ、その間の外側の部分)のいずれか、 もしくは全ての場所に、痛み、シビレ、つっぱるような感じなどが出ます。
一定の時間立ったままや座ったままの姿勢をとったり、歩くなどで症状が出ます。
酷くなると、寝ていても痛み、落ち着く姿勢を探すのに時間がかかります。
筋肉の痛みのようにピンポイントではなく、広い範囲に症状が出て、 日によって痛む場所が変わったり、痛みが強弱することもあります。

どうして広い範囲に症状がでるの?

坐骨神経

上の図は、坐骨神経と、坐骨神経から分かれる支流です。
神経は、川の流れのようなもので、 上流でトラブルが起きると、下流のどこにでも影響が出る可能性があります。
坐骨神経痛は、腰かお尻で坐骨神経が圧迫されますので、 その下流の、お尻から足のいずれかに症状がでるのです。
なお、腰で坐骨神経が圧迫されても、腰そのものが痛むことは少ないのも、特徴です。
では次に、坐骨神経を圧迫する疾患について見ていきましょう。

筋肉による坐骨神経の圧迫

腸腰筋

腰の奥に腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉があります。
太ももを上げて、体に引き寄せる働きがあります。
もも上げ運動で使われる筋肉です。

腸腰筋

また、お尻の奥には梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。
足を外旋(がに股のように外側に開く)させる働きがあります。

この二つの筋肉は、そばに坐骨神経が通っています。

坐骨神経と筋肉

長年の姿勢のクセや、負担の積み重ねで、腸腰筋や梨状筋が硬くコリかたまり、 坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛が発生します。
梨状筋が原因の坐骨神経痛は梨状筋症候群と呼びます。

腸腰筋、梨状筋の圧迫が原因の坐骨神経痛の鍼灸施術

鍼で奥の筋肉を刺激

腸腰筋、梨状筋は、ともに体の奥にある筋肉で、 触れることは困難です。
マッサージや電気など、表面からの刺激は十分に届かず、 効果が薄い場合があります。
しかし、鍼なら直接刺激が届き、 血行を良くし、コリかたまった筋肉をほぐすことができます。
坐骨神経の圧迫が取れると、坐骨神経痛も少しずつ取れてゆきます。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

ヘルニアとは「脱出、突出」という意味です。
腰の骨(腰椎)は、積木のように骨がいくつも重なり、 骨と骨の間には、クッションの役割を持つ軟骨があります。
これが椎間板です。
長年の姿勢のクセ、仕事などで、腰椎に繰り返し上下方向から力が加わったり、 老化によって椎間板の弾力がなくなったりすると、 椎間板が押しつぶされて、横に飛び出します。
これが腰椎椎間板ヘルニアです。
ヘルニアがあまりに大きくなると、すぐ脇を通る坐骨神経を圧迫して、 坐骨神経痛が出ます。

腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛の鍼灸施術

椎間板ヘルニア2

椎間板ヘルニアが存在していても、実際には坐骨神経痛が常に出ている例は少ないです。
ヘルニアがさほど大きくなければ、坐骨神経を常に圧迫するわけではなく、 近くの筋肉がコリ固まって神経を圧迫し、 ヘルニアとサンドイッチのように両側から圧迫した時に、 頑固な坐骨神経痛が発生します。
この場合、硬い筋肉を鍼でゆるめて、神経の圧迫を取ってあげると、 坐骨神経痛が治ります。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管とは、脊髄(脳から仙骨の中まで通る太い神経。上の図では「馬尾神経」)が通る管で、 脊椎(背骨、腰骨の総称)の後方にあります。
腰椎すべり症になって骨がずれたり、 腰椎の骨が加齢や長年の負担などで変形したり、 椎間板ヘルニアが脊柱管の方向に出ていたりして、 脊柱管を圧迫すると、坐骨神経痛を引き起こします。
症状が進むと、常にシビレや痛みに悩まされ、 排尿や排便の機能にも障害が出始めます。
脊柱管狭窄症になると、両足に坐骨神経痛が出ることが多いです。

間欠性跛行

脊柱管狭窄症の特徴として間欠性跛行(かんけつせいはこう)というものがあります。
図のように、歩きはじめは大丈夫でも、 ある程度歩くと足にシビレや痛み、ツッパリ感が出て歩けなくなり、 前かがみになって休むと、再び歩けるようになるが、また症状が出る、 というのを繰り返します。

脊柱管狭窄症 まえかがみになると楽に

前かがみになると、脊柱管への圧迫がとれるので、 一時的に坐骨神経痛から解放されます。
しかし、まっすぐな姿勢になると、再び坐骨神経痛が現れてしまうのです。

腰部脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛の鍼灸施術

腸腰筋

腸腰筋が過度に硬く緊張しすぎると、 腰椎を前にひっぱり、常に腰を反らせる力が働き、 反り腰という状態になります。
これが長年続くと、腰椎の中のひとつだけ、前にずれることになります。
これが脊柱管狭窄症の原因のひとつ、腰椎すべり症です。

腸腰筋を鍼でゆるめ、腰椎を前にひっぱる力を弱めてあげることで、 少しずつズレを治し、脊柱管を圧迫から開放させます。
ただし、治療には長い期間がかかります。
下腹部に力を入れるトレーニングやストレッチなどのセルフケアも必要です。

なお、脊柱管狭窄症の中でも

・排尿や排便の機能に障害があるもの
・椎間板ヘルニアが脊柱管を圧迫しているもの


これらは、鍼灸の対象外で、手術の必要がありますので、 お医者様にご相談ください。

inserted by FC2 system