さいたま市大宮区 北田鍼灸院における腰痛の針灸治療の解説です

北田鍼灸院へようこそ!!

腰痛が酷くなると、何も出来なくなります

一度なった方ならお分かりになると思いますが、 ギックリ腰のような酷い腰痛になると、座っているだけでも痛い、もしくは座ってもいられない、 起き上がれない、寝返りすらできない、そんな状態になります。
つまり、腰というのは、どのような動きの時にも、必ず使う、まさに「要」の部分なのです。
逆に考えれば、常に負担がかかる部分なので痛めやすい、ともいえます。

実は腰痛の原因の8割以上は筋肉

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など、レントゲンで明確に原因が分かるモノ以外は、 ほとんど「原因不明」で片付けられてしまう腰痛。

その大半は、筋肉が原因です。

CTやMRIでは、筋肉そのものは見えても、筋肉がどのような状態かは、わかりません。
なので、整形外科などでは、コルセットや痛み止め、湿布などの治療しか出来ないのです。

しかし我々鍼灸師は、腰を痛めた状況や、腰痛が出る姿勢、動きなどで、 腰のどこの筋肉がダメージを受けているかを推測し、 その場所に直接刺激して、血流を良くし、状態を改善できるのです。

ギックリ腰とはどういう状態?

ギックリ腰は、あまりに負担がかかりすぎ、 血行不良を起こして硬くなった腰の筋肉が、ギューッと力が入りっぱなしになり、 痛みが強く出てしまう状態です。

ふくらはぎのこむら返りが、腰の筋肉に起こっているようなものです。

それ以上、筋肉に負担をかけないでほしい、という、筋肉の防御反応なのです。
針治療は、この過緊張を起こしてしまった腰の筋肉に直接刺激をし、血行を良くし、筋肉をやわらげます。
次に、腰痛の症状のパターンをご説明いたします。

脊柱起立筋、多裂筋を痛めている場合

脊柱起立筋

・前にかがむと腰が痛む
・顔を洗うのが辛い
・椅子に座っていると、腰の真ん中が痛い
・腰の下のほう、お尻との境目当たりが痛い

脊柱起立筋という、腰から首まで繋がっている長い筋肉、 あるいは多裂筋という、腰の骨の中心に近い筋肉がダメージを受けると 凝り固まった筋肉に引っ張られて、筋肉のくっついているお尻の近くまで痛みが出ます。

腰方形筋を痛めている場合

脊柱起立筋

・腰を捻ったり、横に曲げたり、座っていても、腰の脇が痛い

腰方形筋という、腰の横の筋肉を痛めています。

腸腰筋を痛めている場合

腸腰筋

・座った状態から立ち上がる時に、痛くて腰が伸びない
・仰向けで寝られない
・腰を押しても痛みがない
・腰が抜けるようで、立っていられない

腸腰筋という筋肉は、 腰の深い部分、腰椎の真横から、大腿骨の前部にくっついていて、 太ももを上げたり、状態を曲げたりするのに使います。
これが硬く緊張してしまうと、状態を起こせなくなったり、 酷いと立っていられなくなります。
ひどくなると、お尻から足にかけてシビレがでる坐骨神経痛を生じます。

足の広い範囲の痛み、シビレ
(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)の鍼灸治療
もご覧ください

特殊な長めの針で、腸腰筋を狙って治療すると、良くなります。
特に腰が抜けるような痛みには、長めに置針(針を刺しっぱなしにします)すると、良くなります。

中臀筋、小臀筋、梨状筋を痛めている場合

中臀筋、小臀筋

・座っているとお尻や腰骨の脇が痛い
・体が横へ傾いてしまう
・股関節付近が痛い
・靴下を履くのが辛い

中臀筋、小臀筋は、お尻の横から股関節へくっついている筋肉です。
特に小臀筋の緊張が強いと、神経を圧迫し、太ももの横まで痛みやシビレがきます。
これらの筋肉は、体重を支えるのに使いますので、痛めると体重が支えられず、 どちらかに腰や体が傾くことになります。
また、お尻の奥の梨状筋という筋肉を痛めると坐骨神経痛を生じることもあります。

足の広い範囲の痛み、シビレ
(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)の鍼灸治療
もご覧ください

変形性腰椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症について

腰の骨は、トーテムポールのように、いくつかの骨が重なり合っており、 その間にクッションの役割を果たす椎間板という軟骨が挟まっています。
老化などで、椎間板の弾力が無くなって縮んでしまい、 トーテムポールの形が変わってくる、これが変形性腰椎症です。
歳を取ると背が縮むのも、これが原因です。
骨は、いわば柱の役目を果たしますから、 骨の並びの形が変われば、周りの筋肉に負担がきやすくなります。
その結果、筋肉の血流が悪くなり、腰の痛みが出やすくなるのです。
針で筋肉をゆるめてあげれば、腰の痛みは取れます。

椎間板ヘルニアというのは、 長年あるいは急激な負担により、上下方向に力がかかり、 椎間板が押しつぶされて横にはみ出した状態です。
飛び出したヘルニアが、坐骨神経を圧迫すると、足まで痛みやシビレがでます。

ところが、椎間板ヘルニアがあっても痛みが出る時と出ない時があります。
これは、ヘルニアが坐骨神経ギリギリで留まっていて、 近隣の筋肉に負担がかかり硬くなった結果、坐骨神経がヘルニアと筋肉に挟まって圧迫され、 神経痛が出ていると考えられます。
このような、軽度のヘルニアの場合は、筋肉を緩めれば、針で充分痛みが取れます

は、針では届かない深部において、脊髄が圧迫されていますので、 完全に症状を取るのは難しいケースが多いですが、 近隣の血流を良くすることで、症状の多少の軽減にはつながります。

針灸による、腰痛、ギックリ腰治療のメリット

腰の筋肉は、浅い部分と深い部分に、何層にも渡って積み重なっています。
どの部分が傷んでいるかを、正確に把握し、 ダイレクトに刺激して、血行を良くして緩めることができる治療は鍼だけなのです。
特に腸腰筋のような深層の筋肉は、針以外に緩める手段はないといっても過言ではないでしょう。

さわるだけでも痛い、立つことも出来ないような、酷いギックリ腰には、 皮内針という、非常に小さい針を、皮膚の薄皮に当ててテープで止める治療をします。
これは劇的な効果があり、這って来たのに帰りは歩いて帰れる方もいたほどです。

腰痛にはもちろんのこと、奥深くの血流を良くするので、 針治療は坐骨神経痛などにも効果的です。

足の広い範囲の痛み、シビレ
(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)の鍼灸治療
もご覧ください

注意すべき腰痛

横になって楽な姿勢をとっていても痛いという場合は、 筋肉が原因ではなく、尿管結石等の、内臓疾患の可能性がありますので、 まずは病院を受診することをおすすめします。

北田鍼灸院の腰痛の鍼灸施術を受けた患者様のご感想


Y.Sさん 30代 大宮区 デスクワーク

どのような症状(痛みや悩み)でご来院されましたか? 
腰痛。
今までは、整骨院でなんとなく針治療をしていましたが
なかなか期待する効果を感じていなかったため
針専門のところはどうかと探していました。


鍼灸施術を受けられて、症状(痛みや悩み)に変化はありましたか?
やはり専門にやられているだけあって
効果抜群です!
日に日に効果を感じ、快適にすごさせてもらっています。
ありがとうございます。



豊田さん 30代 大宮区 デスクワーク

どのような症状(痛みや悩み)でご来院されましたか? 
背中から腰の痛み
仕事の忙しさから疲労がたまって、日に日に痛みが増してきてしまい、
夜もなかなか寝付けなくなり、身に危険を感じていたところ、
ホームページでこちらの治療院を知り、専門性の高さからお願いすることになりました。

鍼灸施術を受けられて、症状(痛みや悩み)に変化はありましたか?
今までも整骨院などで針を受けたことはありましたが、
ただ痛いというだけで、何の変化もなかったのですが、
北田さんの針は痛みを感じることもなく、
施術後は、十分な位痛から解放されました。


inserted by FC2 system