WHO(世界保健機構)による、針灸治療の適応疾患

北田鍼灸院へようこそ!!

WHO(世界保健機構)による、針灸治療の適応疾患と解説

針灸治療の効果は、日本や中国だけでなく、世界中での長年の研究、実験の結果、 WHO(世界保健機構)で、効果が実証されるに至りました。 ここでは、その疾患名と解説、北田鍼灸院で施術した場合の目安をご紹介します。

「短」→1~5回程度の施術で、よくなります。
「中」→5~10程度の施術で、よくなります。
「長」→10回以上

「短」のものでも、長年の姿勢のクセや仕事の環境などによるものが多く、 悪い状態が、お体にとって普通の状態になっていますので、 良くなっても、症状が戻りやすかったり、再発することが多いです。
お体全体をしっかりメンテナンスして、再発を防ぐことが大切です。

消化器系疾患

胃腸病(胃痛 胃炎 消化不良 胃下垂 胃酸過多 下痢 便秘)(短~中、急性のものは短)
胆嚢炎(短~中)
肝機能障害(長)
肝炎(長)
胃十二指腸潰瘍(中~長)
痔疾(短~中)

婦人科系疾患

更年期障害(中~長)
乳腺炎(中~長)
生理痛(短~長)
月経不順(中~長)
冷え症(中~長)
不妊(中~長)

耳鼻科系疾患

耳鳴(短~中、ただし早期に限る)
難聴(短~中、ただし早期に限る、老化によるものは不可)
メニエル氏病(中~長)
鼻出血(短)
鼻炎(短~長)
ちくのう(中~長)
咽喉頭炎(短)
へんとう炎(短)
中耳炎(短~中)

眼科系疾患

眼精疲労(短)
仮性近視(短~長)
結膜炎(短)
疲れ目(短)
かすみ目(短)
ものもらい(短)

小児科系疾患

小児神経症(夜泣き かんむし 夜驚 消化不良 偏食 食欲不振 不眠)(短~長)
小児喘息(中~長)
アレルギー性湿疹(長)
耳下腺炎(短~長)
夜尿症(中~長)
虚弱体質の改善(中~長)

代謝内分泌系疾患

バセドウ氏病(長)
糖尿病(長)
通風(発作時は短、尿酸値の調整は長)
脚気(短)
貧血(短~中)

生殖泌尿器系疾患

膀胱炎(短~中)
尿道炎(短~中)
性機能障害(中~長)
尿閉(短~長)
腎炎(中~長)
前立腺肥大(中~長)
陰萎(中)

循環器系疾患

(おおむね中~長)
心臓神経症
動脈硬化症
高血圧、低血圧
動悸 息切れ(自律神経由来でないもの)

inserted by FC2 system