さいたま市大宮区 北田鍼灸院の腕のシビレ、頚肩腕症候群、頚椎症の鍼灸治療の解説です

北田鍼灸院へようこそ!!

神経の圧迫により、腕にシビレや痛みが出る神経痛です

寝ても起きても、腕がしびれたり違和感があったり、ジワーッと痛いようでもあって、 腕の置き場がないような感じがする。
首を動かす角度によって、さらに具合が悪くなる・・・、 そんな症状が出た場合、原因は腕ではなくて首にあることが多いです。
頚椎という首の骨から、腕に向かう神経がたくさん出ていて、 首の部分で複雑に絡み合っているのですが、 頚椎に異常があったり、首まわりの筋肉が硬くなっていると、 神経を圧迫してしまいます。
神経は、川の流れのように、上流に異常があると、下流に影響が出ます。
なので、問題は首にあるのに、腕に異常が出るというわけです。
つまり、首まわりの神経圧迫によって起こった、腕の神経痛というわけです。

頚椎症(変形性頚椎症)

首の骨は、トーテムポールのように、いくつかの骨が重なり合っており、 その間にクッションの役割を果たす椎間板という軟骨が挟まっています。
このように、完全に固定されていないために、ある程度自由に動かすことができる反面、 長年の姿勢のクセもついてしまいやすい、というデメリットもあります。
変形してしまった頚椎の状態を、変形性頚椎症といいます。
骨の並びの形が変われば、周りの筋肉にも負担がきやすくなります。
首の筋肉は慢性的に血流が悪くなり、硬くなって、首にたくさんある神経を圧迫して、 腕に痛みやシビレが出る、というわけです。
これを頚椎症性神経根症といいます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板が、長年あるいは急激な負担により、上下方向に力がかかり、 椎間板が押しつぶされて横にはみ出し、神経を圧迫し、腕に痛みやシビレがでます。

椎間板ヘルニア2

ところが、椎間板ヘルニアがあっても痛みが出る時と出ない時があります
これは、ヘルニアが神経ギリギリで留まっていて、 近隣の筋肉に負担がかかり硬くなった結果、神経がヘルニアと筋肉に挟まって圧迫され、 神経痛が出ていると考えられます。
このような、軽度のヘルニアの場合は、筋肉を緩めれば、針で充分痛みが取れます

胸郭出口症候群

首から腕にかけての神経や血管は、 鎖骨の下をくぐり、胸郭を通り抜け、腕に通っていきます。
この部分を胸郭出口といい、神経や血管がこの付近の筋肉で圧迫され、 腕にシビレや痛みが出るのを胸郭出口症候群といいます。
首や肩のコリが慢性になっている方に起こりやすい症状です。

頚腕症候群

上記の疾患を含め、特に原因が見当たらないのに、腕にシビレや痛みがある状態を、 総称して頚腕症候群といいます。
パソコンなど、長時間座って同じ姿勢での仕事に携わる方がなりやすく、 原因は、首、肩の筋肉による、神経の圧迫になります。
症状が重症化すると、自律神経症状にまで発展することもあります。
レントゲン、CT、MRI等で、たいていは原因不明と言われます。
この疾患は、鍼灸で効果があることが国によって認められているので
健康保険での治療が可能になります。
詳しくは 保険治療の解説をご覧くださいませ。

交通事故やスポーツによる頚椎捻挫後遺症(むちうち)

むちうちによって硬くなってしまった筋肉が、 神経を圧迫して、腕までシビレや痛みを起こす、ということもあります。
むちうちについての解説は交通事故のむちうちの鍼灸治療をご参照ください

どうして首が原因とわかるのか?

疾患によっては、レントゲンやCT、MRI等の検査でも原因不明とされてしまう、 首から来る腕のシビレや痛み。
これは実は原因は簡単に見分けられるのです。
首を上に向ける、また、左右どちらかに傾けて、腕のシビレ、痛みが増したら、 首が原因で、ほぼ間違いありません。
胸郭出口症候群の場合は、腕をある角度にした際に腕のシビレが増したり、 鎖骨の上下を押すと痛みがあります。
これはレッキとした医療テストで、 画像診断よりも、このようなテストのほうが正確にわかる場合が多いという研究結果もあります。

腕のシビレ、頚肩腕症候群、頚椎症の鍼灸治療

まずは、首と腕の動きを見て、腕のシビレの原因を突き止めます。
神経を圧迫している首や肩、背中の筋肉に、鍼灸治療を施してゆきます。
首の筋肉は、表面から見える僧帽筋、胸鎖乳突筋だけでなく、 頚神経のすぐそばを通る前斜角筋、中斜角筋、肩甲舌骨筋、 頚神経の通り道に位置する肩甲挙筋、棘下筋などの、 外からは触ることも見ることも、もちろんほぐすことも不可能であるけれど、 治療に際しては最も重要となる頚のインナーマッスルを、針治療により血行を良くし、 筋肉の硬さをとり、神経の圧迫を緩めていきます。

注意すべき首の疾患

腕の片方だけでなく、両腕同時にシビレが出る、 足にもシビレが出る、排尿や排便のコントロールがおかしい、 これは頚椎症性脊髄症という疾患の可能性が高いので、 まずは病院を受診され、医師の判断をあおぐことをお勧めいたします。

北田鍼灸院の腕のシビレ、頚肩腕症候群、頚椎症の鍼灸施術を受けた患者様のご感想


E.Tさん 50代 大宮区 主婦

どのような症状(痛みや悩み)でご来院されましたか? 
首と肩の異和感。
はじめは寝ちがえかと思ったが、数日しても直らず。
痛みやしびれを感じ、座る姿勢や歩行が辛くなったので。

鍼灸施術を受けられて、症状(痛みや悩み)に変化はありましたか?
神経痛で長期間の治療を覚悟したが、三回目でかなり不快感が軽くなった。
根気よく完治を目指します!



Mさん 40代 大宮区 自営

どのような症状(痛みや悩み)でご来院されましたか? 
左肩と首の激しい痛みとしびれ。
特にPCの前に座ると「もげる」かと思うくらい肩が痛い。
就寝時も左に寝返りを打つと肩の激しい痛みで目が覚めて
熟睡できない。首が痛いのでうつ伏せにもなれない。


鍼灸施術を受けられて、症状(痛みや悩み)に変化はありましたか?
私の場合は「すぐに劇的な変化」はありませんでしたが、施術を重ねていただく度に
少しずつ快方に向かい、徐々にPCの前に座っていられる時間も
増えていきました。
いつの間にか、うつ伏せになっても左肩を下にしても熟睡できるように
なりました。

inserted by FC2 system