さいたま市大宮区 北田鍼灸院の自律神経失調症症の鍼灸治療の解説です

北田鍼灸院へようこそ!!

自律神経とは?

例えば、暑ければ汗をかいて体温を冷やし、 寒ければ、震えて熱を生み出そうとしてくれる。
心臓の鼓動や、血液の流れ、呼吸などを調節する。
食べ物を消化し、栄養分は吸収し、不要なものは排泄させる。
このように、自分の意思とは関係なく、身体を自動的にコントロールして、 生命の維持を助けてくれる。これが自律神経の役割です。
ゆえに、自分の意思でコントロールすることが出来ない部分ということでもあります。

交感神経と副交感神経

肘の痛み

自律神経は、交感神経と副交感神経という、真逆の働きをする神経によって成り立っています。

交感神経は、闘争と逃走の神経ともいわれ、心身を興奮、緊張させます。
主に昼間、仕事や運動などの際に活発になります。
胃腸など内臓への血流が抑えられ、筋肉に血がめぐりやすくなり、 心臓の鼓動が増し、相手がよく見えるように瞳孔が拡大します。
発汗、一時的な血圧上昇、気管支拡張などの反応が起こり、代謝も活発になります。

一方、副交感神経は、その逆の働き、つまり心身をリラックスさせます。
家などでゆっくりと座って過ごしたり、食事をしたり、眠ったりする時に活発になります。
筋肉よりも、胃腸がよく働くように血流をめぐらせ、 心臓の鼓動はゆっくりになり、血圧も安定します。

通常は、交感神経と副交感神経が、緊張とリラックスのバランスをとり、 うまく身体を調節してくれています。
ところが、なんらかの原因で、そのバランスが崩れてしまう。
これが自律神経失調症です。

強いストレス、長期にわたるストレス

一番多い要因は、ストレスです。
仕事や家事、経済、人間関係、子育て、介護、死別、ペットロスなど、 日常生活のあらゆるところに、ストレスの原因があります。

強いストレスを受けると、心身ともに過緊張状態になり、交感神経が活発に働きすぎてしまい、 そのストレスから一時的に解放された後も、 くよくよしたりイライラしたりして、引きずってしまいます。
すると、交感神経が活発になりっぱなし、心身が緊張しっぱなしになってしまうのです。
そのような状態が続くと、へとへとに疲れてしまいますね。

しかし、長期にストレスが続くと、交感神経の興奮作用で、疲れも忘れさせてしまい、 さらなる心身の興奮状態は続くことになります。
いわゆる「おかしなテンション」という状態も、コレに当たるでしょう。
そして、いつしか心身は限界を迎えます。
突然、動悸がしたり、めまいや息苦しさ、胃腸の不快感、不眠など、 今までになかった症状が出現します。
これが、自律神経が失調してしまった状態です。いわば、身体の限界の悲鳴です。

ストレスによる自律神経失調症の発症には、二つのパターンがあります。
一つは、上記のようにストレスにさらされ続けている時に起こるもの。、 もう一つは、ストレスから解放された時に起こるものです。
これは、伸びきったゴムが突然放されたような状態で、 急激に興奮緊張からリラックス状態になった為に、 交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、 自律神経のバランスを崩してしまうような状態です。

自分はストレスに強い、という方ほど危険です。
もちろん、強い方は実際にいますが、気づいていないだけという場合もあるのです。
何のストレスもなかったのに、急に食欲がなくなり、体重が10kgも減り、 不眠やめまいになったという患者さんがいました。
お話を聞くと、仕事がかなり多忙で、周囲の人間は次々と辞め、 同期ではその方しか残っていないという、 かなりブラックな会社のようでした。
ストレスにかなり鈍くなっていた状態なのでしょう。

ストレスによる自律神経失調症は、防ぐことが可能です。
自分の心と身体の声に耳を傾け、 いつもよりも疲れが酷い、いつも痛いところがより痛いなど、 身体の異変を感じたら、強いてリラックスする時間を設ける、 それでも回復しなかったら、治療を受けに来るなど、 心身のケアを図ることで、自律神経失調症の手前で食い止めることができるのです。

更年期障害

月に一度の生理など、子供を産み育てる準備を常に行っている女性の身体は、 自律神経とは別に、女性ホルモンも身体の調整に携わっている分、 身体が男性よりも複雑で繊細に出来ています。
更年期になると、否応無しに、女性ホルモンのバランスが崩れます。
ホルモンの分泌を司る場所は、自律神経の中枢と同じ、脳の視床下部という場所なので、 ホルモンバランスが乱れれば、視床下部にも影響し、自律神経にも影響します。
また、身体の変化、仕事の役割、子育ての難しさなどに直面しやすい時期でもあり、 それに起因する精神的な影響も、自律神経失調を悪化させる要因になります。

ムチウチ、転倒などによる衝撃

詳しくは交通事故のむちうちの鍼灸治療もご参照ください。
頚椎のそばには、交感神経が集まった束(神経節)があります。
頚に強い衝撃が加わり、交感神経を栄養する血管が圧迫されたり、 自律神経周囲の筋肉が硬くなったりして、交感神経にダメージが加わり、 自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調賞を発症することがあります。
これを、バレ・リュー症候群といいます。
ムチウチや転倒などの直後よりも、しばらく日にちが経ってから、 めまい、耳鳴り、声のかすれ、喉や胸の圧迫感、ダルさ、頭痛などの、 自律神経失調症状が出てくるのが特徴です。

自律神経失調症の症状

自律神経は、全身に影響を及ぼすので、症状も全身にわたります。
肩コリ、首のコリ、背中のコリ、めまい、耳鳴り、頭痛、頭が重い、ほてり、のぼせ、 声が出づらい、かすれる、喉の圧迫感、飲み込みづらい、 動悸、息切れ、胸の圧迫感、手足のシビレ、胃腸の痛み、不快感、食欲不振、 吐き気、便秘、下痢、不安感、集中できない、全身のダルさ、倦怠感、イライラ感など、 非常に多岐に渡り、一定せず、日によって、また時期によって波があるのが特徴です。

自律神経失調症の鍼灸治療

一口に自律神経失調症といっても、症状は多岐にわたります。
当院では、一人ひとりの症状、お体の状態を詳しく伺い、 患者様に合った鍼灸治療を施術いたします。
頚や肩のコリなどの自覚できる症状、身体の硬い部分は重点的にほぐし、 力のない部分、冷えている部分は温め補います。
また、局所だけでなく、手や足なども診ながら、全身のバランスを整える鍼灸治療で、 お体に負担をかけず、より良い状態にもってゆきます。

自律神経失調症は、その症状があまりに多岐にわたり、一定しないので、 自分では自律神経失調症なのかどうかの判断が難しく、どの病院を受診したらよいかも分からず、 また、外見の変化はあまりないので、周囲から理解もされにくく、 お一人で悩み苦しんでおられるという方も、多いと思われます。
まずは、お電話やメールでもかまいませんので、お気軽にご相談ください。
北田鍼灸院では、自律神経失調症の方を何人も診ております。
お体の辛さなどの症状を親身に伺い、適切な判断をさせていただくなど、 きっとお力になれると思います。

北田鍼灸院の自律神経失調症の鍼灸施術を受けた患者様のご感想


K.Tさん 40代 大宮区 

どのような症状(痛みや悩み)でご来院されましたか? 
更年期のせいか、急な体調変化(のぼせ、めまい、手足の冷え)が続き、
不安な日々が多くなっていました。
このままでは、普通の生活さえ出来なくなるのではないかと、
すがる思いでお願いしました。


鍼灸施術を受けられて、症状(痛みや悩み)に変化はありましたか?
初めて施術を受けた当日、すぐに変化がありました。
手足がポカポカして、一日中悩まされていた冷えは、まったく感じなくなったのは驚きでした。
効果を実感できた事もあり、定期的に施術していただくようになりました。
今では、最初にあった症状は、ほとんどなくなり、快適な生活を送られるようになりました。



R.Aさん 30代 さいたま市 

どのような症状(痛みや悩み)でご来院されましたか? 
自律神経の乱れ、月経困難症

鍼灸施術を受けられて、症状(痛みや悩み)に変化はありましたか?
1ヶ月ほど、自律神経症状(めまい、不眠、目の下のけいれん、動悸など)
に悩まされていたため施術を受けました。初回の治療中から、気持ちが
落ち着いていくような感覚があり、良く眠れる日が増えました。
治療前は外出も難しい日がありましたが、現在4ヶ月程通っていて、回復に向かって
いる実感があります。月経のほうは、婦人科の治療と併せていますが、
良い方向へ向かっています。

inserted by FC2 system