さいたま市大宮区 北田鍼灸院における肘の痛み(テニス肘、野球肘、肘の腱鞘炎)の針灸治療の解説です

北田鍼灸院へようこそ!!

テニス肘、野球肘(肘の腱鞘炎)

肘の痛みといっても、さまざまな要因のものがありますが、 ここでは、日常生活で起きる頻度が高い、 肘から腕の中ほどにかけての痛みについて、ご説明します。

テニス肘、野球肘

肘の内側が痛むものを、野球肘(上腕骨内側上顆炎:じょうわんこつないそくじょうかえん)
(ゴルフ肘とも)
肘の外側が痛むものを、テニス肘(上腕骨外側上顆炎:じょうわんこつがいそくじょうかえん)
といいます。
俗に肘の腱鞘炎ともいわれます(実際は「腱鞘炎」ではないのですが)、 野球の投球動作や、テニスのバックハンドで痛むことが多かったので、 このような名前になっていますが、 野球やテニスをしていなくても、 仕事や生活などで繰り返し負担がかかると、同じ痛みが出ます。

どうして痛みがでるの?

筋肉に力が入ると、縮んで硬くなります。
すると、筋肉の端っこの、骨にくっついている部分が、 引っ張られて負担がかかります。
長い間、繰り返し負担がかかりつづけると、 だんだん炎症が起きてきて、痛みが出ます。

テニス肘、野球肘(肘の腱鞘炎)の鍼灸施術

痛みが強く出ている、肘の横の突起の部分に、 皮内鍼やお灸で、炎症をしずめて痛みを和らげます。
負担がかかっている腕の筋肉を、鍼やお灸でやわらげて、 肘への負担を減らしてゆくと、 痛みが徐々に取れてゆきます。

その他の肘の痛みについて

肘の痛み

肘から指先まで、痛みやシビレがある場合は、 神経痛かもしれません。
こちらをご参照ください。
腕の広い範囲の痛み、シビレ(頚肩腕症候群等)の鍼灸治療
ご来院のうえ、お話をお聞かせいただいたり、 お体を見させていただければ、 どのような原因で痛みが出ているかは、たいてい判別できますので、 お気軽にご相談くださいね。

inserted by FC2 system