針灸治療で使用する道具のご紹介

北田鍼灸院へようこそ!!

針灸治療で使用する道具のご紹介

セイリン鍼灸針

北田鍼灸院で使用する針は、 信頼の高い、国産最高級セイリン社製の ディスポーサブル(使い捨て)鍼です。
品質が安定しており、刺入感もやわらかく、 刺激の少ない針です。
最新仕様の「JSP」では、針の先を 顕微鏡レベルで特殊研磨しており、 さらに刺激の少ない施術を可能にしております。

さまざまな種類の針

深い部分に入れたり、強い刺激をあたえる特殊な針は、 一回使用するたびに、洗浄後した後、 オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用し、 完全滅菌処理した後、さらに紫外線殺菌器にかけます。
肝炎、ウイルス等の感染の心配は、ありません。
数回使用、滅菌後の鍼を、我々自身が使用し、 安全を確認しています。
どの鍼もステンレス製で、他の材質とくらべて折れる危険性が少なく、 金属アレルギーを、おこしにくい材質です。

皮内針

皮内針

北田鍼灸院の得意な治療のひとつが「皮内針(ひないしん)」です。
長さ5mmほどの短い針の、針先1mm弱を、 皮膚の薄皮に、水平に入れ、テープで止めます。
ギックリ腰、捻挫など、急激におきた、はげしい痛みには、 時として、劇的な効果を発揮します。

皮内針2

貼ったままスポーツ、入浴など問題ありませんが、 かゆみを感じたら、我慢せずに取っていただきます。
(画像では「合谷」というツボに、皮内針をしています。、 頭痛、歯痛など、首から上の痛み等に、効果があります)

小児針

小児針

小さい子供には、小児針、接触針という、 刺さない針を使います。
主に皮膚を刺激し、自律神経を調整します。
当然、痛みはまったくないので、 0歳児の赤ん坊でも、治療ができるのです。
詳しくは刺さない無痛針治療もご覧ください。

お灸

米粒よりも小さくひねる灸

お灸は、熟練の技で、米粒より、小さくやわらかくひねり、 肌の上にのせ、線香で火をつけます。
燃えつきる直前に、指でおさえて火を消すので、 心地よい暖かさか、わずかにチクッとする程度の感触で、 身体にあとが残ることはありません。

inserted by FC2 system